ウチシルベEAST 部長 ウチシルベEAST 部長

経歴

大阪大学文学部卒業。大学4回生時に就職活動に取り組むも、仕組みと雰囲気に同化できず断念。2年間塾講師のアルバイトをしながら休学し、その後広告・出版業界へ。外食経営誌のほか、自治体の発行物、不動産広告、選挙用広報ツールなど比較的「カタい」仕事を中心に、編集者としてのキャリアを積む。一仕事人としての値段が知りたかったので一瞬だけフリーランスを体験した後に、くらし計画に入社。

くらし計画を漢字で表現して、なぜその字を選んだか教えて下さい?

「流」
入社の半年以上前から打ち合わせなどで何度か社員と顔を合わせていましたが、水が流れていくようにとにかくずっと組織が動いている印象がありました。実際に事務所で一緒に働くようになってからさらに強くそれを実感しています。
あと、いい悪いはともかくとして、社会の高齢化はこれから先あらゆる産業について回るテーマです。もちろん住まいに関わるトピックもそのひとつですし、そのなかでくらし計画のスタイル=「流儀」で世の中になにがしかの流れを生み出せればいいなあとは考えています。本流なのか亜流なのか、それとも逆流するのかはわかりませんが、そうなったらそうなったで今とはまた違う体験ができそうなので僕自身も期待しています。

好きな言葉を教えてください

Something better change
とあるイギリスのバンドの楽曲タイトルです。僕は勝手に「なんかええように」の意味で捉えています。トラブルや課題に対して、期待された通りの回答がいつも即座にできるほど人生は甘くないし自分は偉くないと思うので、とりあえずこの気持ちだけは常に持っています。

一言で表現するとどんな人間ですか?

意外に冷静
小さなころからわりと感情の起伏が表に出やすい方ではあります。でも、笑ったり怒ったりしながらも、見た目よりは冷静に物事を考えていることが多いです。まあよく言えば冷静なんですが、悪く言えば打算的な人間だと思います。あと文学部出身ではあるものの、感覚・ニュアンス的な話や観念論よりもロジカルな話の方が好きです。「なんで?」をとことん追いかけるタイプでもあり、よく言えば論理的なんですが、悪く言えば面倒くさい人間だと思います。

くらし計画が自分と合っていると思う点は?

個を尊重していること
「前がこのやり方だったから〇〇は××で進めるべきだ」みたいに、クソみたいな思考停止や先例踏襲が少ないですね。自分の頭とセンスで常に考えることが要求される一方で、個人のアイデアやスタイルが生かせる機会がたくさんあって、その集合体が会社になっている印象です。

くらし計画に入社して驚いたことは?

決定のスピード感
顔を合わせての打ち合わせだけでなくメール、電話、ライン、スカイプなどあらゆる通信方法を駆使してすぐに物事が決まっていきます。午前中のミーティングで何気なく話した内容が午後には社内全員に共有されていたりも普通にあって、なんせテンポが早くてまだ慣れないです。あとビジネスにおける「それええんちゃう!」のハードルがいい意味で異様に低いです。呼吸するような感覚でトライ&エラーを重ねています。基本的に、僕は戦の前にはまず確実に外堀を埋めて兵糧を絶ってから敵と向かい合いたいタイプなんで、「えっ、社長まじで言ってんの?」みたいな瞬間も多いですね。

入社前はどんな仕事をしていましたか?

編集屋さん
編集プロダクションで、約8年にわたって雑誌の編集に携わってきました。もともと文章を仕事にしたのは「大学が文学部&頭で考えるだけで原価が不要&いろんな人に会えそう&なにかと自由そう&他におもしろそうなことが見当たらない」くらいのゆるい理由でした。実際に仕事の内容はおもしろく、いろんな媒体を経験させてもらいましたが、在籍後半は外食の経営誌がメインとなり、企業経営者や個人店オーナーと接する機会が多くありました。いろいろな角度から経営論・組織論を聞いたり、自分自身がさまざまな経営数字を分析するなかで、ビジネスへの興味・関心が強くなったことが今回の転職にもつながっていると感じます。

仕事を依頼しようとしている人にひとこと。

いま僕は、経営者インタビューwebコンテンツVoiceoに携わっています。そのなかから生まれた縁をきっかけに、新規出店のサポートや運営会社のマッチングなどに力を入れており、日々多くの経営者の方とお会いしています。「事業をもっと拡大したい」「新しく出店する土地を探している」「既存施設の集客力をもっと高めたい」などそれぞれの経営者がいま抱える展望や課題をおうかがいし、ともに考え、提案しながらビジョンをクリアにすることが僕の仕事です。「くらし計画は何をやっている会社なんですか?」と聞かれて、説明に困ることは多々ありますが、それはうちの事業範囲が広い&柔軟性に富むということ。なんでもくらし計画に相談をしてください!

ページ先頭へ戻る