活動報告

ウチシルベの会in福岡市東区を開催しました

 

掲載日:2015年12月11日

講演者:株式会社くらし計画 曽根るみ


場  所:イニエスタ/福岡県福岡市東区箱崎1-29-24

講演内容

12月11日、ウチシルベの会のランチミーティングを福岡市東区箱崎で開催しました。

高齢者の介護についてみんなで考えることを目的として今年度から福岡市内各所で開催していて、今回は、高齢者介護をしている家族を中心にドクターや介護従事者などおよそ20名に参加していただきました。中には飛び入り参加の方もいらっしゃいました。

御所ヶ谷ホームクリニックの田中耕太郎院長にご参加いただきました。田中院長は、福岡県医師会の認知症かかりつけ医や厚労省が指定する認知サポート医としても活躍していらっしゃいます。今回のテーマは「在宅医療と認知症」ということもあり、参加者から質問が飛びかいました。「病院へ行くのを拒否する場合どう対応したらいいのか」という質問に対して、田中先生は、「症状を早く見つけるためにも受診をしてほしいと思います。自分が病気かもしれないと感じていらっしゃる方は、比較的受診しやすいですが中には自覚症状がない方もいらっしゃいます。自分が病気ではないという人に対しては、無理につれてくると感情的になったりしてしまうので気を付けてほしいですし、また家からあまり出ない方には、インフルエンザの予防接種に行くや定期検診に行くなど話をして受診する機会を見つけてほしいと思います。またドクターに家に訪問してもらうのも1つの案です。家族の中には、本人をだまして連れてくる人もいますが、本人のことを考えるとしないほうがいいと思います。」とアドバイスをいただきました。アドバイスに対して参加者の方からは「言い方も大切なポイントですね」という言葉が聞かれました。



http://www.osumai-soudan.jp/uchisirubenokai/20151211.html


 
ページ先頭へ戻る